• Home
  • >
  • BEAUTY
  • >
  • 乾燥による頬のカサカサの...
2022.08.08 BEAUTY

乾燥による頬のカサカサの原因とは?粉吹きを改善するケア方法と見直したい生活習慣

乾燥して頬がカサカサになってしまうのには、様々な原因があります。「原因を知って、頬のカサカサを改善したい…」そのような声にお応えして、今回は頬の粉吹きを改善するケア方法や見直したい生活習慣についてご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね!

頬のカサカサはケアと生活習慣で改善

頬が乾燥でカサカサになってしまうとメイクのノリも悪く、顔色も優れなくなってしまいます。頬や口周りは皮脂腺が少なく、乾燥しやすい部分です。しかし、頬のカサカサや粉吹きは、正しいスキンケアと生活習慣の見直しで改善できます。

それでは一体、どのようなスキンケアをしたら頬のカサカサは改善されるのでしょうか。そこで今回は、頬のカサカサの原因と一緒に解説していきます。また、生活習慣はどのようなことに注意すれば良いかもご紹介します。

頬がカサカサになる原因とは

頬がカサカサになる原因①保湿不足

頬がカサカサしたり粉吹きする状態は、皮膚が乾燥して保湿が足りていない証拠です。保湿不足の状態が続くと肌のバリア機能が低下し、空気中に水分が蒸発していきます。若い頃は肌のバリア機能が十分なので、ケアをしなくてもあまり乾燥しないでしょう。

しかし、歳を重ねると肌のバリア機能は衰えていき、本来持つ機能だけでは肌の潤いを保てなくなってしまうのです。きちんとスキンケアしているのに頬のカサカサがひどくなったという人は、皮膚の状態が昔と違ってきている証拠です。

頬がカサカサになる原因②洗顔・クレンジングのしすぎ

洗顔やクレンジングのしすぎでも、頬のカサカサがひどくなることがあります。頬を擦りすぎると、摩擦で肌のバリア機能が低下してしまいます。優しく洗うだけでも十分に汚れは取れるので、あまりゴシゴシと洗わないように注意しましょう。

また、洗浄力の強い洗顔などは、肌の皮脂を取りすぎてしまうことがあります。肌荒れの原因になる油分ですが、水分とのバランスが整うことで皮膚の潤いをキープします。取り除きすぎてしまうと、空気中に肌の水分が出ていく原因になりますよ。

頬がカサカサになる原因③ターンオーバーの乱れ

ホルモンバランスが崩れると、肌のターンオーバーが乱れて頬がカサカサになることがあります。ターンオーバーとは、皮膚の古い角質が剥がれ落ち、新しい肌へと生まれ変わる周期のことです。ホルモンバランスは、栄養が足りなくなったり歳を重ねたりすることで崩れてしまいます。

古い角質が残っている場合や、未熟な細胞が表に出てしまうことで、肌のバリア機能が落ちて乾燥してしまうのです。皮膚の水分が空気中に出てしまうと、さらにターンオーバーが上手くいかなくなる悪循環に陥り、カサカサがひどくなってしまいますよ。

頬がカサカサになる原因④紫外線などの外部刺激

肌に紫外線などの外部刺激があると、頬がカサカサしたり皮むけを起こすことがあります。紫外線を浴びるとメラニン色素が生成され、肌を黒くしたりシミの原因になるだけでなく、肌の水分を蒸発させて乾燥につながってしまいます。

頬は出っ張っているので、紫外線の影響を受けやすい部位です。日に焼けて皮むけが起こると、その部分から空気中に水分が出ていってしまいます。また、紫外線は真皮にまで達して、コラーゲンなどの潤い成分を破壊するので注意が必要です。

頬のカサカサ・粉吹きに有効なケア方法&対策

頬のカサカサのケア方法①正しい保湿ケア

頬のカサカサや粉吹きには、正しい保湿ケアが必要です。年齢とともに肌のバリア機能は衰えていくので、スキンケアの見直しが必要になります。頬のカサカサが気になり始めたら、高保湿の化粧水に切り替えてみてください。

また、保湿ケアは肌の水分が蒸発しないよう、洗顔後すぐに行いましょう。コットンで化粧水を肌に入れ込んだ後は、必ず乳液やクリームでフタをしてください。保湿してもすぐに乾燥が始まってしまうので、フタをすることは大切です。

乳液は手のひらで温め、顔の中心から外側に向かって優しく伸ばすようにしましょう。顔全体に塗った後は、ハンドプレスで定着させてください。べたつきが気になるときには、ティッシュで優しく抑えてオフしても問題ありません。

頬のカサカサのケア方法②刺激の少ない洗顔・クレンジング

頬のカサカサが気になるときは、刺激の少ない洗顔やクレンジングに切り替えてみてください。肌への摩擦が強いスクラブ入りのものや、メントールが入ったタイプの洗顔は避けたほうが良いでしょう。

「低刺激」や「敏感肌用」といった表示のある、洗顔やクレンジングはおすすめです。また、洗浄力があまり強くないアミノ酸系の洗顔も良いでしょう。低刺激の洗顔は洗った後のツッパリ感が少ないですが、スキンケアを忘れずに行ってくださいね。

頬のカサカサのケア方法③週に1度のピーリングケア

頬のカサカサやごわつきが気になるときには、週に一度のピーリングケアのおすすめです。ターンオーバーが正常に行われていないときに、カサカサやごわつきを感じることがあります。ピーリングで古い角質を落とし、ターンオーバーを助けましょう。

しかし、カサカサしているときはバリア機能が落ちているので、強すぎる刺激は肌を傷つけてしまうこともあります。カサカサが気になっても、ピーリングは週に1度が目安です。また、赤身やかゆみがあるときには避けてくださいね。

頬のカサカサのケア方法④出かけない日も紫外線対策を

頬のカサカサや粉吹きを解消するためには、出かけない日であっても紫外線対策をしましょう。紫外線は、カサカサしている頬にさらにダメージを与えます。出かけないときでも窓から紫外線は降り注ぐため、しっかりと対策をしてください。

日焼け止めは徐々に効果が薄れていくため、できるだけ2時間おきに塗り直すことがベストです。また、紫外線対策は日焼け止めだけではありません。出かけるときには帽子をかぶったり日傘をさしたりと、対策もプラスしてくださいね。

また、以下の記事では乾燥による肌のトラブルの改善方法を紹介しています。粉吹きを改善する正しいスキンケア方法もまとめているので、ぜひチェックしてみてください!

頬のカサカサのケア方法⑤乾燥していなくても保湿ケアを

頬のカサカサや粉吹きが治っても、保湿ケアを忘れないよう注意してください。肌の調子が良いときは、スキンケアを簡単に済ませてしまうこともありますよね。しかし、スキンケアをサボると、すぐに肌のバリア機能が低下してしまいます。

カサカサな状態を繰り返すと、徐々に潤いのある肌へ戻りにくくなるうえ、シミやたるみの原因となってしまいます。頬のカサカサがないときでも、きちんと保湿ケアをして予防してくださいね。

頬のカサカサのケア方法⑥かゆみや痛みがあるときには皮膚科へ

頬のカサカサがひどく、赤みやかゆみ、皮むけがあるときには注意が必要です。肌が炎症を起こしている状態でいつも通りのスキンケアをすると、肌に優しいタイプのものであっても刺激になってしまいます。

かゆみや痛みがある状態で普段通りのケアをしていると、肌荒れとなって悪化してしまう恐れがあります。そのため、肌に刺激を与えないよう注意し、皮膚科を受診しましょう。

頬のカサカサを改善する見直すべき生活習慣とは

頬のカサカサを改善する生活習慣①良質な睡眠

頬のカサカサを改善するためには、良質な睡眠が必要不可欠です。良質な睡眠とは、ぐっすりと深い眠りについて朝すっきりと目覚める状態を指します。ベッドに入ってもなかなか寝付けないという人は、寝る30分前に温かい飲み物などで身体を温めてみましょう。

また、ストレッチなど軽い運動も効果的です。しかし、どちらも寝る直前に行わないように注意してください。寝る直前に飲み物を飲むと胃に負担がかかり、運動は眠りを妨げる原因となってしまいます。

頬のカサカサを改善する生活習慣②食生活の見直し

食生活を見直すことで、頬のカサカサを改善していきましょう。カサカサを治すためには、できるだけ食事の時間を統一することが大切です。また、糖質や脂質の多い食べ物や、塩分の多いお菓子などは美肌の天敵です。

新しい皮膚を作るたんぱく質や、ビタミン・ミネラルの多い食事を心掛けてください。水分も多めに摂るよう意識すると良いでしょう。

頬のカサカサを改善するには、どのような食べ物がよいのでしょうか。以下の記事に、肌を綺麗にしてくれる食べ物や食事について詳しく載っています。併せて読んで参考にしてくださいね。

頬のカサカサを改善する生活習慣③リラックスタイムを設ける

頬のカサカサを改善するには、定期的にリラックスタイムを作ると良いですよ。頬のカサカサは、外部刺激や心身が受けるストレスからも悪化してしまいます。ゆったりとした時間を作り、心も体も休めてあげましょう。

また、ゆっくりするだけがリラックスタイムではありません。友達と話したり趣味の時間を設けることもおすすめです。楽しい時間は頬のカサカサも改善に導いてくれますよ。

頬のカサカサを改善する生活習慣④アルコールやカフェインを控える

アルコールやカフェインは、多く摂り過ぎると頬のカサカサを悪化させる恐れがあります。お酒を飲みすぎると肝臓の機能が低下し、肌の抵抗力をダウンさせてしまいます。いつも以上に肌への外部刺激が強くなり、頬のカサカサを治りにくくしてしまうのです。

また、コーヒーなどに多く含まれるカフェインは、過剰摂取するとビタミンやミネラルが不足気味になって肌の乾燥を悪化させます。頬を乾燥から守るために、アルコールとカフェインの過剰摂取には十分注意してくださいね。

頬のカサカサを改善する生活習慣⑤室内の環境を整える

頬のカサカサを改善するためには、お部屋の環境を整えることも必要です。まず、頬が当たることの多い枕や布団を、優しい肌障りのものに変えることをおすすめします。ダニやほこりなども肌に悪影響なので、天気の良い日にはしっかり干すよう心掛けてください。

また、エアコンの使い過ぎにも注意しましょう。冬場は加湿器などを利用して、部屋の乾燥にも気を付けてくださいね。

ケアと生活習慣を見直して頬のカサカサを改善しよう!

頬がカサカサする原因は、間違ったスキンケアや生活習慣です。年齢に合わせたスキンケアや紫外線対策、生活習慣の見直しが大切なことが分かりました。この記事を参考にして、頬のカサカサを改善してくださいね!

以下の記事では、30代のスキンケア方法について解説しています。歳を重ねるごとにスキンケアの方法は変わってくるので、しっかりとおさえておきましょう!