• Home
  • >
  • BEAUTY
  • >
  • 辛いものがダイエットに効...
2022.08.08 BEAUTY

辛いものがダイエットに効果的って本当?痩せるといわれている理由を徹底解説!

辛いものはダイエットに効果的といわれていますが、本当かどうか気になりませんか?当記事では、辛いものがダイエットに影響する理由やおすすめの食べ物、正しい摂取方法などを解説します。辛いものをうまく摂取して、体重を減らすサポートをしましょう!

辛いものってダイエットにいいの?

食べ始めるとクセになる辛いものは、ダイエットにも良いとされています。これは、辛いものに含まれる成分に、ダイエットを助ける働きがあるためです。ダイエットに興味がある方は、辛いものを使った料理などを活用してみると良いでしょう。

しかし、辛いものは刺激が強いので、ただ食べれば良いというわけではありません。ダイエットに良い成分を含む辛い食べ物や、摂取のポイントを押さえて体重を減らす助けにしてみてください。

辛いものでダイエット|痩せるといわれる理由

辛いものに含まれる成分には、ダイエットの助けとなる働きがさまざまあります。辛いものでダイエットを始める前に、どのような理由で痩せるといわれているのか、詳しく見てから活用していきましょう。

代謝が上がりやすくなる

辛いものが痩せるといわれる理由として、食べると代謝が上がりやすくなることが挙げられます。ダイエットでは、エネルギー代謝を上げることが大切です。摂取するエネルギーよりも、毎日の生活の中で消費するエネルギーを上げることで脂肪は燃焼されていきます。

しかし、何もしないで代謝を上げることはできません。運動や生活習慣の改善など、さまざまな工夫が必要です。食べるだけで代謝アップが期待できる辛いものは、ダイエットに活用できる便利な食材として人気を集めています。

汗でデトックスをサポート

辛いものを食べるとデトックスにもつながるため、痩せるといわれています。代謝がアップすると、からだが温まって汗が流れます。その結果、からだに溜まっている老廃物が排出されやすくなり、デトックスにつながるのです。

デトックスをサポートすると、からだの代謝機能をさらに促進させられます。辛いものを食べて汗をかき、痩せやすいからだづくりをしていきましょう。

血流アップでむくみを避ける

血流をアップさせてむくみを避ける働きがあることも、辛いもので痩せるといわれる理由です。むくみはシルエットや体重に影響するので、ダイエットのために対処しておくことが大切ですよ。

むくみの原因の一つとして挙げられるのが、血行不良です。辛いものに含まれる成分には、血流を促進させる働きもあるので、むくみを避けるのに活用できます。辛い料理などを食べながら、ダイエットにつなげてみましょう。

また、以下の記事でも血流がアップする食品について紹介しています。血行を良くして身体のだるさを解消したい方は、ぜひチェックしてみてください!

辛いものでダイエット|おすすめの食べ物

辛いものでダイエットしたいときは、カプサイシン・アリシン・ピペリン・ジンゲロールといった成分を含む食べ物を選びましょう。代謝や血流アップ、発汗といった働きが期待できます。ここからは、それぞれの成分が豊富なおすすめの食べ物を紹介します。

カプサイシンを含む唐辛子

辛いものダイエットにおすすめの食べ物といえば、カプサイシンが豊富な唐辛子です。カプサイシンには、代謝を上げて脂肪燃焼を促す効果があります。また、血流をアップさせたり発汗を促進させたりする効果も期待できるので、ダイエットに良い影響を与えます(*3)。

唐辛子のカプサイシンは、ヘタや種の部分に多く含まれています。生の唐辛子や乾燥させたものを、丸ごと料理に使ってみましょう。キムチやホットソースなど、唐辛子を原料にした食品もおすすめです。

(*3)は、わかさの秘密「カプサイシン」より参照しました。

アリシンを含むニンニク

アリシンを含むニンニクも、辛いものダイエットにおすすめの食べ物です。アリシンは、糖の代謝を促してエネルギーを生み出すサポートをする成分です。また、血流をスムーズにする働きもありますよ(*4)。

ニンニクからアリシンを摂るときは、刻んだり潰したりして料理に使うと良いでしょう。油で調理するのもおすすめです。アリシンが効率よく摂れるようになりますよ。

(*4)は、わかさの秘密「アリシン」より参照しました。

ピペリンを含むコショウ

辛いものダイエットでは、ピペリンを含むコショウもよく使われます。ピペリンにも、エネルギー代謝を助けたり、血流をスムーズにしたりする働きがあるためです(*5)。

コショウは調味料として気軽に使えるので、辛いものダイエットで活用しやすい食べ物になります。下味に使ったり、スパイスティーの材料にしたりして使ってみてください。

(*5)は、わかさの秘密「胡椒」より参照しました。

ジンゲロールを含むショウガ

ジンゲロールを含むショウガで、辛いものダイエットをするのも良いでしょう。ショウガを食べるとからだが温まるように、ジンゲロールには代謝を上げたり発汗を促したりする働きがあります(*6)。

ショウガは料理以外にも、低カロリーに抑えたダイエット中のスイーツに活用できます。また、しょうが湯やジンジャーティーのような飲み物にするなど、幅広い形でダイエットに使えるのはうれしいポイントです。

(*6)は、独立行政法人農畜産業振興機構「今月の野菜・しょうが」より参照しました。

辛いものでダイエット|摂取するときの注意点

辛いものでのダイエットにはメリットがたくさんありますが、注意しておきたいポイントも存在します。ダイエットの失敗や健康にも影響する可能性があるので、摂取するときの注意点は押さえておくようにしてください。

辛いものだけのダイエットはNG

辛いものだけを食べて直接的に痩せようとするダイエットはNGです。辛いものには代謝や発汗を促進させて、脂肪燃焼をサポートする働きはありますが、あくまで補助的なものになります。摂取カロリーを抑えたり運動したりするなどしながら、辛いものを取り入れましょう。

また、辛いものだけを食べるダイエットでは、同じような食事ばかりで栄養が偏ってしまう恐れもあります。健康的に痩せるには、5大栄養素をバランスよく摂取することを意識したうえで、辛いものを取り入れるようにすることが大切です。

刺激が強いので摂りすぎは避ける

辛いものは刺激が強いので、ダイエットのためだからといって大量に摂りすぎないよう注意しましょう。特に、胃腸の働きが弱まっているときに辛いものを摂りすぎると、刺激によって下痢や炎症につながる可能性があるので気をつけてください。

辛いものでダイエットするときは、毎日、少量ずつ取り入れることをおすすめします。早く痩せたいからと、一気に大量に摂るのはNGです。適量を心がけて、効率よくダイエットできるようにしていきましょう。

カロリーオーバーに注意

辛いものを使ってのダイエットでは、カロリーオーバーにも注意しておく必要があります。これは、辛いものによる刺激は、食欲を増進させる働きがあるためです。また、チゲ鍋やカレーなど、使用する食材によっては高カロリーになる辛口料理も豊富にあります。

辛いものに脂肪燃焼をサポートする働きがあっても、カロリーオーバーしては本末転倒です。うっかり食べ過ぎてしまわないよう、食事量やカロリーには気をつけてください。

以下の記事では、ダイエット中でもおすすめな栄養満点のレシピを紹介しています。カロリーを気にしている方は、ぜひチェックしてみてください!

辛いものでダイエット|効果的な使い方

辛いものでダイエットするときは、量よりも効果的な使い方を意識しましょう。「毎日の食事にどのように取り入れるのか」「どのようなタイミングで摂取したらより効果的に脂肪が燃焼させられるのか」しっかり押さえて活用していきましょう。

料理や飲み物のスパイスとして活用

辛いものダイエットでは、料理や飲み物のスパイスとして活用することがおすすめです。大量に摂りすぎると胃腸に影響が出る可能性があるので、ちょい足し程度に抑えておくことがポイントです。

料理ではコショウやショウガなどを下味に使ったり、ニンニクで風味付けしたりと活用してみましょう。完成した料理に唐辛子の粉やホットソースを振りかけて、辛いものを摂ることもおすすめです。

また、飲み物ではしょうが湯やジンジャーティーが代表的です。手作りしなくても、市販品が活用できるので便利です。コショウや唐辛子を使ったスパイスティーやチャイなども、ダイエットに使えますよ。

おすすめのタイミングは朝

ダイエットのために辛いものを摂取する際は、朝がタイミングとしておすすめです。一日の活動を始める前に辛いものを摂取しておくことで、エネルギー消費が上がりやすくなります。その結果、脂肪も燃焼されやすくなるので、ぜひ少量の辛いものを使った食事や飲み物を朝に取り入れてみてください。

一方、夜に摂取することはおすすめしません。夜遅くは辛いものが食べたいと思っても、我慢するようにしてください。これは、辛いものが胃腸への刺激になり、睡眠を妨げる恐れがあるためです。質の悪い睡眠は、代謝を低下させる原因にもなるのでタイミングには気をつけましょう。

運動と組み合わせるとより効果的

辛いものを使ったダイエットは、運動と組み合わせるとより効果的になります。これは、辛いものに含まれる成分が働き、運動によるエネルギー代謝を活発にしてくれるためです。

辛いものダイエットと組み合わせる運動は、有酸素運動がおすすめです。ウォーキングやジョギング、サイクリングなどの負荷が軽い運動をすることによって、脂肪燃焼がしやすくなります。1日30分ほどを目安に、辛いものを摂りつつ運動を続けていきましょう。

以下の記事では、ジョギングの正しいやり方や効果が出るタイミングを紹介しています。ジョギングする際は、こちらの記事も併せてチェックしてみてください!

辛いもので脂肪燃焼をサポートしよう

辛いものに含まれる成分には、代謝や血流アップ、発汗作用などのダイエットの助けになる働きがあります。辛いものが好きな人に痩せてる人が多いイメージがあるのは、あながち間違いではないのですね。上手に使うことで、辛いものを食べるだけで脂肪燃焼のサポートになります。

しかし、辛いものを使ってのダイエットは、健康に影響する可能性もあるので摂り方に注意が必要です。今回紹介した注意点や、ダイエットに効果的な使い方を参考に健康的に痩せましょう!