• Home
  • >
  • HEALTH
  • >
  • コーヒープロテインは体作...
2022.08.05 HEALTH

コーヒープロテインは体作りに最適!おすすめの飲み方と混ぜて摂取するメリットを解説

たんぱく質を手軽に摂取できるプロテインは、近年、健康維持やダイエット目的で摂取する人も増えています。そんなプロテイン、実はコーヒーと相性が良いのをご存知でしょうか?ここではコーヒープロテインのおすすめの飲み方から、混ぜて摂取するメリットまでご紹介します。

プロテインとコーヒーは混ぜ合わせても大丈夫なの?

飲み物に混ぜて手軽にたんぱく質を摂取できるプロテインは、水割りや牛乳割りで飲むイメージを持つ方がほとんどではないでしょうか。そんなプロテインですが、近年新たなに、プロテインとコーヒーを混ぜて「コーヒープロテイン」にする飲み方が登場しています。

海外では、このコーヒープロテインのことを「プロフィー(proffee)」と呼び、海外のプロテインブランドが自社のSNSで、コーヒープロテインの作り方を紹介しているほどです。

ただ、ここで気になるのがコーヒーとプロテインを混ぜることで「栄養の吸収率が下がってしまうのではないか」ということですよね。コーヒーとプロテインを混ぜて摂取しても、栄養の吸収率に差はないとされています。

むしろ、コーヒープロテインには体にいいメリットがたくさんあります。一体、どんなメリットがコーヒープロテインにはあるのでしょうか。美味しいおすすめの飲み方についてもご紹介していきます。

上記の情報は「FRONTROW・プロテイン×コーヒーが海外でトレンド!「プロフィー」の人気の秘密とは」を参照しました。

コーヒープロテインの美味しいおすすめの飲み方

コーヒーに合うプロテインの味を選ぶ

プロテインは水で割っても飲みやすいように、さまざまな味が販売されています。プロテインのメーカーやブランドによっても違いますが、バニラ味やミルク風味、ココア味にピーチ味など多くの味を選ぶことが出来ます。

美味しいコーヒープロテインを作るには、やはりコーヒーにあったプロテインの味を選ぶと良いでしょう。また、プロテインはあらかじめ甘味がついている場合があります。

無糖のブラックコーヒーを使ってコーヒープロテインを作れば、コーヒーの苦味で、プロテインの甘味を抑えることが出来ます。美味しいコーヒープロテインにするには、同じ味わいのコーヒー味やカフェオレ味との相性が良いです

甘めが好きな方は、バニラ味やミルク風味もおすすめです。

上記の情報は「森永製菓・プロテインの飲み方を紹介。基本+アレンジ飲みで飽きずに摂取!」を参照しました。

牛乳も混ぜる

コーヒープロテインに挑戦したいけど、ブラックコーヒーの苦味が苦手という方は、牛乳をプラスする飲み方もおすすめです。ココア味やチョコレート風味のプロテインをチョイスすれば、カフェモカのような味わいになり、さらに美味しいコーヒープロテインが味わえます。

牛乳の脂質が気になる方は、無脂肪乳や低脂肪乳を使用すると良いでしょう。また、コーヒーに牛乳、プロテインと3種類混ぜるのが面倒だという方は、市販のコーヒー牛乳を使うことで、マイルドで飲みやすい、美味しいコーヒープロテインを作ることができます。

上記の情報は「jouer・【プロテイン】はコーヒーと混ぜて飲むのがおすすめ!相性抜群の商品をご紹介」を参照しました。

バターコーヒー割り

コーヒープロテインをバターコーヒー割りにして、朝食の代わりにするのもおすすめの飲み方です。バターコーヒーに使用されるグラスフェッドバターとMCTオイルは、「良質な脂質」とされ、適度に摂取することで、ダイエット効果や体質改善の効果が期待できます。

グラスフェッドバターとMCTオイル、コーヒーと分離させないようにミキサーを準備したりと少し手間はかかりますが、良質な脂質とプロテインのたんぱく質を一緒に摂取できるダイエットにも健康に良い飲み方です。

上記の情報は「HummingBirds・バターコーヒーダイエットの効果と正しいやり方を徹底解説!」を参照しました。

コーヒーとプロテインを混ぜて摂取するメリット

朝食で手軽にたんぱく質が摂取しやすい

コーヒープロテインは、「朝食で手軽にたんぱく質が摂取できる」というメリットがあります。朝は忙しくて朝食を食べる時間がなく、コーヒーを飲むだけという方も多いのではないでしょうか。

1食分を減らしてしまったことで不足しがちなたんぱく質も、朝の1杯をコーヒープロテインに変えるだけで、簡単に補うことができます。また、コーヒーにプロテインを追加することで、満足感も得られ、昼食までにお腹が空くこともなくなります。

上記の情報は「FRONTROW・プロテイン×コーヒーが海外でトレンド!「プロフィー」の人気の秘密とは」を参照しました。

プロテインを飽きずに飲める

さまざまな味が販売されているプロテインですが、筋トレを本格的にしている方でなければ、味に飽きないよう、たくさんのフレーバーをストックすることはなかなか難しいです。また、コスパの良いものを購入すると容量も多く、なおさら飽きないように飲む工夫が必要です。

コーヒー割りに合うプロテインは、水割りにも牛乳割りにも合うので、飽きることなくプロテインを飲むことが出来ます。

集中力を高められる

コーヒーに含まれるカフェインには、中枢神経を刺激して、集中力を高める効果があると言われています。カフェインの効果が現れ始めるのは、カフェインを摂取した30分後です。集中力を高めたいときは、その30分前にコーヒープロテインを摂取するようにしましょう。

上記の情報は「FRONTROW・プロテイン×コーヒーが海外でトレンド!「プロフィー」の人気の秘密とは」「オンすく.jp・カフェイン効果を最大に!集中力を高めるコーヒーの飲み方とは」を参照しました。

体脂肪の燃焼に効果がある

コーヒープロテインには「体脂肪も燃焼に効果がある」というメリットもあります。コーヒーに含まれるカフェインには、脂肪を燃焼・分解するという効果があります。

また、コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールも含まれており、このクロロゲン酸は脂肪の分解だけでなく、脂肪の吸収を抑えるという効果が期待できます。こちらも、カフェインを摂取した30分後から効果があるとされています。

ダイエットや筋トレをするときは、30分前にコーヒープロテインを飲むと良いでしょう。

上記の情報は「Slope・プロテインの『コーヒー割り』はOK?混ぜると効果が落ちる?相性について解説!」を参照しました。

筋肉の回復を早められる

筋トレ前にコーヒープロテインを飲むことで、筋肉の回復スピードを早めるというメリットもあります。筋トレによって、筋肉に使われるグリコーゲンを消費することで疲労を感じてしまいます。

カフェインにはグリコーゲンを回復させる効果があるため、筋肉の回復を早めることが出来ます。コーヒープロテインを摂取することで、筋トレによる疲れをためることなく、翌日もトレーニングに取り組めます。

上記の情報は「Slope・プロテインの『コーヒー割り』はOK?混ぜると効果が落ちる?相性について解説!」を参照しました。

コーヒープロテインを作るときのポイント

プロテインにも種類がある

プロテインにも種類があり、代表的なものとして「ホエイプロテイン・カゼインプロテイン・ソイプロテイン」の3つがあります。どのプロテインにもそれぞれの特徴があり、メーカーによっては、効果的に摂取できるよう、種類を合わせたプロテインも販売されています。

筋トレ効果を上げたい方はホエイプロテイン、ダイエット効果をあげたい女性や健康維持にはソイプロテインなど、コーヒープロテインを作るときは、目的に合ったプロテインを選ぶと良いでしょう。

プロテインの種類
種類 特徴 吸収速度 摂取タイミング
ホエイ 吸収効率が高い 早い 運動後
ガゼイン 体内にたんぱく質が長時間補給される ゆっくり 就寝前
ソイ 健康維持におすすめ ゆっくり 朝食・運動後など

上記の情報は「森永製菓・ しっかりわかる!プロテインのこと。納得!森永製菓が選ばれる理由。」を参照しました。

ホットコーヒーよりもアイスコーヒーがおすすめ

手軽にコーヒープロテインを作りたいなら、ホットコーヒーよりもアイスコーヒーがおすすめです。たんぱく質は、分子の立体構造が熱により変化するという性質があり、これを「熱変性」と言います。

プロテインを、ホットコーヒーなどの温度の高い飲み物で混ぜると、熱変性が起こり、プロテインが溶けにくく、ダマになりやすくなります。

もちろん、熱変性を起こしても、栄養面的には変わりはありませんが、アイスコーヒーの方が、手軽に飲みやすいコーヒープロテインが作れると言えるでしょう。

上記の情報は「森永製菓・プロテインはお湯、温めた牛乳で飲んでも良い?ホットプロテインでタンパク質摂取!」を参照しました。

ホットコーヒーにしたいならガゼインプロテイン・ソイプロテインがおすすめ

それでも、寒い冬の日などはホットのコーヒープロテインを飲みたいこともありますよね。そんな時は、ガゼインプロテインかソイプロテインがおすすめです。プロテインは種類によって特徴が違うように、熱変性を起こす温度も異なります。

カゼインプロテインやソイプロテインは熱に強いという特徴があり、100℃程度では熱変性は起こらないとされています。コーヒープロテインをホットで楽しみたいなら、カゼインプロテインやソイプロテインを選ぶと良いでしょう。

ホエイプロテインは80℃前後から熱変性を起こします。どうしてもホエイプロテインを使ってホットコーヒープロテインを作りたい場合は、先にアイスコーヒーで溶かした状態で温めると良いでしょう。しかし、やはりダマになる可能性があるので注意が必要です。

上記の情報は「森永製菓・プロテインはお湯、温めた牛乳で飲んでも良い?ホットプロテインでタンパク質摂取!」を参照しました。

作り置きはしない

毎日、数回に分けて飲むからと、コーヒープロテインを大量に作り置きしたり、1度で飲みきれなかったからと、それを残して置くことはやめましょう。プロテインにはたんぱく質のほかにも、炭水化物やビタミンなどの栄養素が含まれており、微生物が繁殖するためです。

また、水分も多く含んでいるため、作り置きしたものを冷蔵保存したとしても、微生物が繁殖しやすくなります。毎回、飲むときに必要な分だけを作るようにしましょう。

上記の情報は「森永製菓・プロテインの飲み方を紹介。基本+アレンジ飲みで飽きずに摂取!」を参照しました。

飲み過ぎに注意する

コーヒーに含まれるカフェインは適量なら、疲労を軽減したり、集中力を高める効果があります。しかし、摂取しすぎると、胃に負担がかかったり、体調不良を起こすこともあります。コーヒープロテインが体に良いからといって飲み過ぎないように、注意しましょう。

上記の情報は「H2株式会社・コーヒーを飲んだら痩せる?〜ダイエット効果・飲み方・オススメの一品を紹介〜」を参照しました。

コーヒープロテインで美味しくたんぱく質を摂取しよう!

たんぱく質を効率よく摂取できるプロテインは、コーヒーと混ぜることでさらに筋トレやダイエット効果を上げることができます。近年、食生活の変化により、現代人のたんぱく質の摂取量は減ってきていると言われています。

たんぱく質は人間の体を形成するのに欠かせない栄養素です。飲みやすく美味しいコーヒープロテインを飲んで、手軽にたんぱく質を補ってくださいね。